花を仕立てるSYUNKAが織りなす「BESPOKE FLOWER」の世界
by syunka_shungetsu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
カテゴリ
折々の花
贈る
飾る
もてなす
お知らせ
検索
記事ランキング
画像一覧
my forest in your forest

1月12日よりフランス・パリ郊外のles salaisonsにて行われる展覧会に参加します。
"my forest in your forest" (ryo suzuki&shungetsu nakamura)という展示で、ゆるやかに関係する写真とビデオとインスタレーションにより構成されております。

http://www.salaisons.org/

Les salaisons vous invitent à venir au vernissage bucolique de l'exposition Your forest in my forest?, avec Emilie Benoist, Gregg Smith, Ryo Suzuki et Shungetsu Nakamura, le vendredi 11 janvier à partir de 18h.

Les salaisons
25, rue du Président Wilson 93230 Romainville
M° Mairie des Lilas - Bus 105, arrêt Liberté (ou à 10mn à pieds du métro)
Toutes les infos sur www.salaisons.org et dans les pièces ci-jointes



ryo suzuki & shungetsu nakamura 「my forest in your forest」

鈴木良と中村俊月は、2005年から共同制作を始め、異なるメディアを用いて、自然観(人間と自然の関係性)へのアプローチを行っています。「my forest in your forest」では、写真・ビデオ・ インスタレーションの作品を展示します。

「One forest」(2006−)は、森の中に人工の花を植えた写真作品のシリーズ。
(彼ら)2人は、植物の植生や季節・場所と花の関係性を注意深く考察し、自然界にはあり得ない「どこかおかしな自然」を創り出します。そこでは、時に本物の花と造花が混ざり合い、自然と人工の境界線を曖昧にしています。そうした「些細に見えるけれども実は根源的なギャップ」を含んだ「ある森」の風景をユーモラスに表現しています。

「Story of buddleja」(2006)は、放置された都市の廃墟に、雑草(ブッドレア)が成長して行く過程を想像したビデオ作品。
2006年の春、散歩中の彼らは偶然、パリ市内に再開発寸前の廃墟を見つけ、そこに生い茂る雑草が成長する物語を思い描きました。物語のプロットに従って、ブッドレアは人工的で奇妙な動きで成長して行きます。植物の揺れ・残された足音・空間を取り巻く環境音が、人工的な存在感として不協和音を醸し出します。生えざる空間に成長した雑草の「自然」な姿を、逆説的な手法で描き出した作品です。


「Tree of a second」(2007)は、桜の木の根が秒速で回転し続けるインスタレーション。
彼らは、根という見えない部分の自然に注視し、その発掘からプロジェクトを始めました。掘り起こされた根は時間を告げることも生長することもなく、ただただ永遠に秒を刻み続けます。そして植物に時間の概念を人の手で加えるいけばな的手法によって、植物とオブジェの双方の性質を併せ持った根が、近づき難い領域としての自然を示唆します。

この展示では、これらの3作品によって、人間のコントロールを超えた自然・人間と自然の曖昧な接点という彼らの視点の一端がゆるやかに表現されます。

c0087373_1435252.jpg

by syunka_shungetsu | 2008-01-10 01:50 | お知らせ
<< my forest in yo... 本年もよろしくお願いいたします >>